松山のラブホテル アーバンホテル

ラブホテルには、様々な種類のものが沢山あります。

利用客を増やす為に、どのホテルに至っても、独自のサービスを展開しており、上手く経営しています。

友人もHする際では、ラブホテルをよく利用しており、かなりお世話になっているようです。

以下、松山のラブホテル アーバンホテルの口コミです。

先週も彼女とのデートの後に、ラブホテルへと出掛けて行き、SEXをたっぷりと楽しみました。

この時に訪れたラブホテルとは、アーバンホテルと言う名前である、愛媛県の松山市に建てられているホテルです。

アーバンホテルの利用料金は4千8百円~8千円となっておりました。

その中でも1番安いタイプの部屋を借りて、彼女と素敵な一時をじっくりと過ごした訳です。

コスプレがレンタル出来たり、ジェットバスが備えられていたので、彼女とのSEXを思いっ切りエンジョイする事が出来ました。

更にゲームやインターネットも問題なく行えた事から、エッチ以外でも充分に満喫する事が出来ました。

退屈する事が全くなかった為、アーバンホテルを利用して本当に良かったなと感じています。

アーバンホテルには他にも、SMルームも完備されていた為、アブノーマルでマニアックなプレイなども、きちんと行えるように工夫されていました。

なので今度利用する時は、SMルームを予約して行き、この室内の中でSMプレイを、彼女と冗談半分にやるつもりです。

東京歌舞伎町のバリアンはとても良いラブホテル

付き合っている彼女と、自宅でエッチを楽しむ事が出来ません。

その為毎回ラブホテル巡りをやって、エッチを上手くやっています。

過去に利用したラブホテルの中でも、特に印象的であったのが、東京都は新宿区歌舞伎町2丁目にある、『バリアン』と呼ばれるラブホテルでした。


バリアンとは大都会のど真ん中にありながらも、本場バリでのリゾート気分をしっかり満喫する事が出来る、不思議な雰囲気のラブホテルです。

バリアンのラブホテルへと入って彼女とエッチする事で、非常にリッチな気持ちにもなれた為、きちんと満足する事が出来ました。

その時に休憩した部屋の中には、様々な種類の魅力的が設備が沢山用意されておりました。

ドライヤー・湯沸かしポット・プルーレイープレーヤーなどが、ちゃんと完備されていました。

なので彼女とのエッチが終了した以降も、映画をじっくりと鑑賞し、コーヒーを飲みながら、一緒に仲良く過ごす事が出来ました。

他にもダーツやビリヤードが完全無料により、ゆっくりとプレイする事が出来た為、この点においても優雅な時間を送る事が出来ました。

バリアンの部屋によっては、マッサージチェアが備えてある所があるんだそうです。

ですので次回はその部屋を必ず予約して行き、彼女とエッチした後にでも、のんびりと疲れを取るつもりでいます。

新宿ラブホテル バリアンのHP

 

ガールズバーとは?キャバクラとの違い

ガールズバーの職種とは?

バーテンダーが全部女性であるショットバーの事を、ガールズバーと言い表します。

一般的なクラブやキャバクラだと、利用客の真横に女性が着席して、持てなす流れとなっています。

しかしガールズバーに勤務している女性とは、通常のバーテンダーです。

ガールズバーで働いている女性では、基本的的にカウンター越しへと立って、店内の男性客の接客を担当します。

ガールズバーのお店の中は、カジュアルな印象である、素敵な雰囲気が漂っています。

専門のモニターによって、映画やスポーツが、ゆっくりと鑑賞出来たりします。

他にもダーツやカラオケがしっかり用意されている、魅力的なお店が多いのも、ガールズバーが持っている素晴らしい利点です。

ガールズバーから雇われている、女性バーテンダーは、カウンターの中で利用客から注文を受けたお酒を、スムーズに作るのが基本です。

また、特徴としてはカウンター越しから、男性客とコミュニケーション、接客業務を行います。

女性バーテンダーには、キャバクラのように、指名、同伴、アフターの仕組みなどは、一切設けられていません。

利用客の隣へと座って行き、細かく接客する訳ではない為、堅苦しいイメージがある、クラブやキャバクラと比べ、簡単にチャレンジする事だって可能です。

ガールズバーとキャバクラの違いって?

ガールズバーとキャバクラでは、営業形態が丸っきり異なっています。

キャバクラの場合だと、『風俗営業を主体とした接客飲食業など』の形により、各々の都道府県の公安委員会によって、ちゃんと認可を受けてから経営されています。

但し職種としての風俗ではなく、営業タイプ別の問題です。

ホストクラブやゲームセンターも、上記の規定へと完全に当て嵌まりまるようですね。

深夜12時~朝方までは、お店を絶対に営業出来ないようになっています。

深夜時間帯の営業

ガールズバーの営業時間は、地域にもよりますが、基本深夜0時後での営業が許可されていない、クラブやキャバクラとは異なり、一晩中での営業を、実施する事が出来ます。

『深夜酒類提供飲食店』と正式に見なされている事から、終夜での営業ができるようです。

キャバクラと比較すると、ガールズーバーの方が、ルールが緩やかな傾向にあるので、働く場合、人によってはガールズバーを選ぶ人も多いようですね。

お金の面や安全性など、キャバクラの方がいい部分もありますね。

観葉植物もありコンビニのイメージとは全く違う

コンビニのカフェスペース、最近よくみますよね。

買ったものをそのままその場で食べられるのが魅力。

私の家の近所ではお買い物のスペースとカフェスペースをきっちりわけていて、内装がほんとに綺麗。

まだ出来たばかりのお店という理由もありますが、観葉植物もありコンビニのイメージとは全く違う雰囲気になっています。

しかし、コンビニのカフェにいる年齢層のイメージですが(これは私の勝手なイメージです)…。

小学生の溜まり場。本当にその場面が浮かびます。

お菓子を一個買い、みんなでカードゲームをしている小学生をみたことはありませんか?

どこもそうとは限りませんが、もしそういう場所が多いとしたら、需要はあるのでしょうか?少し気になります。

もともとはサラリーマンやOLさんのランチタイム用に作ったのではないかな。と思ってたので、カフェスペースにいる人をチラっと見る癖がついてしまいました。

しかし新しく出来るコンビニがカフェスペースがあるということは、需要があるんでしょうね。

こうなると、本当に勝手なイメージだったのでしょうか?

しかしコンビニカフェに人が集まれば、回転もきっと良いと思うので、売上げ向上につながりそうですよね。

どんどんオシャレなコンビにカフェがオープンするのをこころ待ちにしております。

かなりきんちしている

ソチオリンピックがありましたね。その中でもフィギュアスケートに注目していました。

夜中の放送だったので起きているのに必死でしたが、やはり結果が気になってしまってました。

フィギュアスケートの事はあまり詳しくないですが、日本でも人気が出ていますし、注目出来るスポーツだと思います。

1日目のショートではまさかの浅田真央選手が転倒、失敗があり、結果は16位でした。

諦めない姿勢に惹きつけるものがありました。失敗しても滑りはとても素晴らしいものでした。

そして2日目のフリー、ショートの結果からしてかなりきんちしているはずなのにも関わらずとても素晴らしい滑りでした。

これだけ立ち直してくるのは本当に凄いです。

楽しんで滑れているのかなぁ。とこっちまで見てて楽しくなるような演技でした。

メダルは残念ながら取れませんでしたが勇気を与えれる素晴らしい演技でした。

ショートでの失敗がかなり悔やまれてしまいますが、フリーの演技は凄いもので世界で認められてもおかしくないと思います。

結果としては残念でしたが見ていて満足するものでした。

本当に素晴らしい演技を見せて貰ったと思います。フリーは圧巻の演技でした。

また演技を見れる日を楽しみにしたいと思います。

山賊風焼きうどんはオススメ!

以前住んでいた近所に「ホワイトハウス」ていうお店があります。

もう店の名前からしてベタだけど、文字通り白い建物なのです。

お昼はランチもやっていて、夜はお酒も出すようなところです。

でもまあ近所だし、夜だって子供付きでママ友さん達としょっちゅう集まってます。
歩きの範囲ですしね~。

常連客しかいないような田舎の小さな店だけど、なんか落ち着くんです。

この店で必ず頼むのが焼きうどんとパフェ。

焼きうどんは和風だったり山賊風だったり、パフェもチョコを始めいろいろあるけど、私は山賊風焼きうどんと小倉パフェを食べますね。

何で山賊風なのかよくわからないけど、鉄板に具だくさんの焼きうどんが盛り付けられて、熱々ですごくおいしいです。

それから、パフェはお値段なんと500円!

もちろん量は普通ですよ。

今時、ファミレスでも500円では食べれなくないですか?

絶対安いと思います。

だから、その時集まった人達全員パフェ頼んでます。

昔は国道沿いにあったのだけど、バイパス道路ができてからは交通の流れが変わって、お世辞でも流行っている店とは言えないです。

それでも、地域住民からは近くて便利で、安い値段で飲み食いできる貴重な店だから、これからも続けてほしいと思います。