ガールズバーとは?キャバクラとの違い

ガールズバーの職種とは?

バーテンダーが全部女性であるショットバーの事を、ガールズバーと言い表します。

一般的なクラブやキャバクラだと、利用客の真横に女性が着席して、持てなす流れとなっています。

しかしガールズバーに勤務している女性とは、通常のバーテンダーです。

ガールズバーで働いている女性では、基本的的にカウンター越しへと立って、店内の男性客の接客を担当します。

ガールズバーのお店の中は、カジュアルな印象である、素敵な雰囲気が漂っています。

専門のモニターによって、映画やスポーツが、ゆっくりと鑑賞出来たりします。

他にもダーツやカラオケがしっかり用意されている、魅力的なお店が多いのも、ガールズバーが持っている素晴らしい利点です。

ガールズバーから雇われている、女性バーテンダーは、カウンターの中で利用客から注文を受けたお酒を、スムーズに作るのが基本です。

また、特徴としてはカウンター越しから、男性客とコミュニケーション、接客業務を行います。

女性バーテンダーには、キャバクラのように、指名、同伴、アフターの仕組みなどは、一切設けられていません。

利用客の隣へと座って行き、細かく接客する訳ではない為、堅苦しいイメージがある、クラブやキャバクラと比べ、簡単にチャレンジする事だって可能です。

ガールズバーとキャバクラの違いって?

ガールズバーとキャバクラでは、営業形態が丸っきり異なっています。

キャバクラの場合だと、『風俗営業を主体とした接客飲食業など』の形により、各々の都道府県の公安委員会によって、ちゃんと認可を受けてから経営されています。

但し職種としての風俗ではなく、営業タイプ別の問題です。

ホストクラブやゲームセンターも、上記の規定へと完全に当て嵌まりまるようですね。

深夜12時~朝方までは、お店を絶対に営業出来ないようになっています。

深夜時間帯の営業

ガールズバーの営業時間は、地域にもよりますが、基本深夜0時後での営業が許可されていない、クラブやキャバクラとは異なり、一晩中での営業を、実施する事が出来ます。

『深夜酒類提供飲食店』と正式に見なされている事から、終夜での営業ができるようです。

キャバクラと比較すると、ガールズーバーの方が、ルールが緩やかな傾向にあるので、働く場合、人によってはガールズバーを選ぶ人も多いようですね。

お金の面や安全性など、キャバクラの方がいい部分もありますね。